OUR SOUND DESIGN

映像に音を。空間に音を。体験に音を。

潜在する音/音楽の価値を見い出し、それを具現化することで、さらなる体験を生み出す。これがエコーズブレスの務めだと考えています。

これまでに「耳からも想いを伝える」という考えのもと「サウンドブランディング」を展開し ブランドムービー、TV/Web CM音楽を中心に手がけてまいりました。

その成果はさらに拡がりつづけ、店舗/オフィス/アート展示室等の空間音楽、プロダクトサウンド、 インタラクティブサイネージなど、独自の表現手法で多分野にわたり音の可能性を提示しています。

音は、人の想像力を膨らませます。

音への探究心を絶やすことなく、感性と理論が共存するサウンドデザインで、新たな価値観を共創いたします。

サウンドデザイン・サウンドブランディング

サウンドブランディングの制作の主な流れ

1FOCUS / RESEARCH情報の理解・把握ブランド理解 / 要件把握 / サウンド比較・分析 / フォーカスポイント共有

ブランド理解から差別化ポイントの共有など、サウンドの目標を理解するためにヒアリングいたします。
必要に応じて、他社サウンドの比較・分析、ユーザー調査等も行います。

情報の理解・把握

2PLANNING目標の明確化

サウンド制作の目標を設定・共有。
意味的価値・機能的価値等の視点から、求めるサウンド像を導き出します。

目標の明確化

3CONCEPT MAKINGデザインコンセプトの設定

サウンドデザインにおけるコンセプトを設定し、実制作におけるテーマ・軸を設けます。

4DESIGNサウンド制作

尺・テンポ・コード等、サウンドにおける詳細な設計を行い、デモ制作・本制作と進めます。
最後は、用途に合わせた仕上げ(マスタリング)を施します。

スタジオ

事業内容と実績

サウンドブランディング

ブランドムービー / サウンドロゴ / 空間音楽 / テーマ

ブランドの持つ想いを音にして伝えます。
どのようなブランドなのか、何を伝えたいのか、どのように伝えるのか。
ヒアリングを通して、そのブランドの想い、コンセプトを理解、共感、共有。
ブランドを伝えるための最適なサウンドを提案。

サウンドブランディング例

プロダクトサウンド(起動音・操作音など)、効果音

あるべき音のカテゴリーを調査、分析、理解したうえでコンセプトを提示。
それをもとに設計、制作、検証。

プロダクトサウンド例

音楽制作

TVCM / WEBCM / ゲーム・アニメ効果音

ご希望のスタイルに合わせた音・音楽を制作。

音楽制作例

講義

大学 / 専門学校 / 企業

サウンドブランディング・サウンドデザイン・楽曲制作についての講義。

講義

演奏

イベント

ライブ・即興演奏・サウンドパフォーマンス・DJ。

演奏